医師のバイトと非常勤

医師の勤務形態には、通常の常勤医師の他にも、バイトや非常勤といった働き方があります。

 

「毎週月曜の午前診」といったように、定期的にバイトする働き方を定期非常勤と言い、特定の日だけに単発で入るバイトをスポットと言います。

 

こちらのページでは、医師のバイトをお考えの皆様に、医師のバイトに関するあらゆる情報を提供しております。

 

 

 

 

医師のバイトの給料について

医師のバイトをする上で最も気になるのは、やはり時給や日給といった給与面でしょう。

 

医師のバイトの給料の相場は経験やスキルによって大きく変わり、都道府県や科目によっても多少の違いがあります。

 

時給では8,000円〜15,000円ほどが相場と言えますが、高度なスキルがあればさらに稼ぐことも可能です。

 

専門スキルを持つ医師になると、1日のバイト勤務で15万円〜20万円ほど稼ぐ医師もいます。

 

反対に、医師としての経験が浅くとも、予防接種や健康診断のバイトで、日給にして5万円〜8万円ほど稼ぐことができます。

 

時給の地域差に関しては、東京や大阪のような都市部よりも、医師が不足している地方の方がバイトの時給が高い傾向にあります。

 

科目別に見てみると、外科や整形外科、そして麻酔科のバイトが給与水準が高い傾向にあります。

 

次いで、泌尿器科や婦人科のように、医師が不足している上に、専門性が求められる科目も時給が高めになっています。

 

内視鏡や帝王切開のような専門スキルを持つ医師のバイト求人も、時給や日給が相場よりも高く設定されています。

 

また、訪問診療のバイトも時給が高いので、注目したいバイト求人の一つです。

 

 

医師のバイトの日給例
勤務時間 給料
内視鏡検査 3〜4時間 4万〜5万円
予防接種 1日 5万円〜8万円
健康診断 1日 5万円〜8万円
麻酔科医 1日 10万円〜20万円
訪問診療 1日 8万円〜10万円

 

 

おすすめの医師バイト紹介サービス


医師がバイトを探すのであれば、医師専門の人材紹介サービスを利用するのがおすすめです。

 

医師専門の人材紹介サービスを利用する事で、膨大な数のバイト求人の中から、自身の希望に合うバイトを効率良く探し出すことができます。

 

また、面接はエージェントを加えて行われることが多く、報酬や勤務条件など希望を伝えにくいことを代弁してくれるというメリットがあります。

 

勤務条件の希望が多いほどバイト紹介サービスを利用する価値は高く、求人が出ていない医療機関にも働きかけて、希望に沿ったバイト求人を掘り出してもらえることもあります。

 

また、募集要項だけでは分からない症例数や医療設備、医師のバイト募集の背景などを聞けるのもメリットと言えます。

 

さらに、職場の雰囲気や離職率も聞くことができるので、バイト選びで失敗しにくいと言う利点もあります。

 

仮にバイトを辞めることになった場合であっても、医局が絡んでいたり先輩医師の紹介だと辞めにくいこともありますが、人材紹介サービス経由であればしがらみを気にすることもありません。

 

人材紹介サービスはもちろん登録から利用まで全て無料なので、より良い医師バイト求人を見つけるためにも上手に利用しましょう。

 

医師の人材紹介サービスには様々な企業が参入していますが、医師のバイトを探すのにおすすめは以下の会社です。

 

 

医師バイトドットコム

 

医師バイトドットコム公式サイト

 

医師のバイト紹介サービスとして国内最大級を誇る医師バイトドットコム、医師のバイト求人数は19,500件以上と国内最多級となります。

 

毎月1,600件もの新たなバイト求人が更新されているので、とにかく多くのバイト求人の中から条件の良いバイトを探したい方におすすめのサイトです。

 

登録している医師の数は35,000人以上、定期非常勤やスポットでアルバイトをしている多くの医師に利用されています。

 

バイト求人の豊富さからして、医師がバイトを探すなら必須で利用したい人材紹介サービスです。

 

コンサルタントの評価も高く、全国で100名のコンサルタントを配置していて、コンサルタント1人あたりが担当する医師の数は最小限に抑えられています。

 

そのため医師のバイト探しへのサポートが手厚く、問い合わせに対するレスポンスが早いのも特徴です。

 

バイト求人数 約20,000万件
営業所 札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/広島/福岡
運営会社

株式会社メディウェル
株式会社アインファーマシーズのグループ企業

 

医師バイトドットコム公式サイト

 

 

 

マイナビドクター

 

マイナビドクター公式サイト

 

マイナビドクターは、人材紹介業最大手の株式会社マイナビが運営する、医師専門の求人・転職サイトです。

 

医療業界に限らずあらゆる企業の求人をお手伝いしていることもあり、大手企業の産業医の求人が非常に豊富です。

 

産業医のバイトは人気が高くなかなか見つかりにく仕事なので、産業医に絞ってバイトを探すならマイナビドクターには登録しておきたいところです。

 

また、求人と言えばマイナビということからも医療機関からの信頼は厚く、マイナビドクターで独占公開しているバイト求人もあります。

 

より多くのバイト求人から選択するためにも、医師バイトドットコムと合わせて登録しておきたい医師専門のバイト求人サイトです。

 

「Webで公開しているバイトの求人数」は5,000件と、他の求人サイトと比較して少なめで、特に単発アルバイトのスポット求人が少なくなっています。

 

しかしマイナビドクターの求人は6割が非公開となっていて、マイナビドクターに登録することで閲覧可能な求人は倍以上に増えます。

 

また、他の人材紹介業者ではコンサルタントやエージェントと一度は面会するのが通例ですが、マイナビドクターはメールや電話だけで簡単にやり取りできるのも特徴です。

 

バイト求人数 約10,000件
営業所 札幌/仙台/東京/埼玉/千葉/横浜/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡
運営会社

株式会社マイナビ

 

マイナビドクター公式サイト

 

 

 

Dr.アルなび

 

Dr.アルなび公式サイト

 

株式会社エムステージが運営するDr.アルなびでは、常時およそ13,000件のバイト求人を紹介しています。

 

医師のアルバイト紹介サービスとしては、医師バイトドットコムに次ぐバイト求人の多さとなっています。

 

北関東から東北にかけての医療機関とのパイプが太いとの評判もあるので、それら地域でバイトをお探しの先生は登録しておくと良いでしょう。

 

また、Dr.アルなびに登録するだけで4,000ポイント、サービス利用に応じてポイントが付与されるのもちょっとしたメリットとなっています。

 

なお、貯めたポイントはギフト券や商品と交換することができます。

 

バイト求人数 約13,000件
営業所 札幌/仙台/群馬/東京/名古屋/金沢/大阪/広島/高松/福岡/那覇
運営会社

株式会社エムステージ

 

M3キャリア公式サイト

 

 

 

エムスリーキャリア

 

M3キャリア公式サイト

 

医師の転職と言えばエムスリーキャリア、登録医師は27万人以上と、業界最大手の企業となっています。

 

27万人は常勤希望の医師も含めた数にはなりますが、医師転職サービスの最大手ということで、とりあえずエムスリーでバイトを探す医師もたくさんいます。

 

ただし、医師のアルバイトというよりも、キャリアアップを目指した転職のお手伝いが主となるので、バイト求人数では上位の会社には劣ります。

 

エムスリーキャリア株式会社の社員の男女比は1:1となっていて、女性社員が非常に多い企業となっています。

 

医師と直接やり取りするコンサルタントにも女性社員が多いので、女性医師におすすめしたい人材紹介業者でもあります。

 

バイト求人数 約10,000件
営業所 東京/大阪
運営会社

エムスリーキャリア株式会社

 

M3キャリア公式サイト

 

 

 

民間医局

 

民間医局公式サイト

 

創業が1997年と、医師の人材紹介業者としては老舗に入る民間医局は、医師のアルバイトの紹介実績も豊富です。

 

後期研修医の利用者も多いようで、経験が浅くても応募可能なバイト求人を多く取り揃えています。

 

健診や当直のような専門性を問わないバイト求人も掲載されているので、若手の医師や大学院生でも比較的バイトが見つかりやすくなっています。

 

後期研修医の先生でバイトをお考えであれば、医師バイトドットコムやマイナビドクターと合わせて登録しておきたい求人サイトです。

 

バイト求人数 約9,000件
営業所 札幌/仙台/群馬/東京/埼玉/横浜/名古屋/大阪/京都/神戸/高松/広島/福岡/熊本/那覇
運営会社

株式会社メディカル・プリンシプル社

 

民間医局公式サイト

 

 

 

 

医師のバイト紹介サービスは、最低でも2つ以上登録しておくことをおすすめします。

 

それぞれのバイト紹介サービスにメリットとデメリットがあり、全く同じバイトであってもバイト紹介サービスによって条件が違うこともあります。

 

より多くのバイト求人の中から、より条件の良いバイトを探すためにも、複数のバイト紹介サービスのエージェントに求人を提示してもらうことをおすすめします。

 

また、どのバイト紹介サービスであっても、ネットでは非公開のバイトが必ず一定数は存在します。

 

医師の定期非常勤やスポット勤務は、常勤よりも待遇が良いことが往々にしてあります。

 

常勤医師には求人内容を伏せておきたいという医療機関の希望から、非公開となっているバイト求人は多数あります。

 

また、直接の問い合わせが殺到するのを防ぐ目的や、人材紹介サービス側で人材を精査してもらうなどの目的があります。

 

各業者に登録してエージェントに希望を伝えることで、非公開のバイト求人が閲覧できるようになるので、やはり複数のバイト紹介サービスに登録しておくのが有利と言えます。

 

条件の良いバイト求人を見つけるためにも、2社か3社程度のバイト紹介サービスに登録しておくことをおすすめします。

 

 

 

医師のバイト開始までの流れ
サービスの申し込み

医師のアルバイト紹介サービスを利用して医師のバイトを探すには、まずはじめにサービス利用のお申込みをします。
医師のアルバイト紹介サービスは医療機関からの報酬で成り立っているので、バイトを探すにあたっての費用や登録料などは一切かかりません。
お申込みは個人情報や希望するバイト条件の入力のみとなっているので、1分程度で完了する簡単なものです。

 

 

 

バイト求人の選択と応募

医師のアルバイト紹介サービスへの登録が完了すると、まずは専任のエージェントによるインタビューがあります。
どのようなバイトを希望しているのか、勤務地や科目、給料についても要望を伝えます。

 

インタビューで得た情報をもとに、エージェントが条件に合うバイト求人を紹介してくれます。
納得のいくバイトが見つかるまでどんどん求人を提示してもらい、非公開のバイト求人についても提示してもらいましょう。
条件に合うバイトが見つかれば、エージェントを通して医療機関に応募してもらいます。

 

 

 

アルバイト勤務

定期非常勤であればほとんどの医療機関が面接を行いますが、スポットの単発バイトであれば面接は省略されることがほとんどです。

 

勤務開始日や勤務日数、給料などの交渉をエージェントを通じて行います。
先生と医療機関との間で条件が合意に至ったら、いよいよアルバイト勤務開始です。

 

バイト期間が終わるまでエージェントがサポートしてくれるので、勤務開始後に困ったことがあれば何でも相談しましょう。

 

 

 

医師のバイトの業務内容について


医師のアルバイトとは言っても、バイトの内容は求人によって様々です。

 

医師のバイトにはどのような業務内容が多いのか、比較的募集が出ることが多い医師のバイト求人は以下になります。

 

 

外来

医師のバイトの中で最も多い求人は、外来のアルバイトです。
特に一般外来にバイトの医師が起用されることが多いので、一般外来のバイト求人は常に豊富に見つかります。
専門外来は一般外来に比べると求人が少なくなりますが、症例を積むことを目的とした医師から人気があります。

 

 

 

病棟管理

病棟管理も外来と同様にバイト求人が豊富なので、勤務地や曜日、時間帯を選びやすいバイトと言えます。
当直のバイトは時間の融通がききやすく、スケジュールを立てやすいことから医師に人気のあるバイトです。

 

当直バイトの求人によっては救急対応が含まれていることもあり、そのような求人には好条件・高時給が期待できます。
救急対応では患者数や救急車の数によって報酬が変わることもあり、インセンティブが付く医療機関もあります。

 

 

 

科目別では内科が多い

医師のバイト求人で最も多いのは内科のバイトで、バイト求人全体の過半数を占めています。
内科以外では整形外科、消化器内科、皮膚科、麻酔科、産婦人科、精神科などが比較的バイト求人の多い科目となっています。

 

 

 

健診・人間ドック

健診や人間ドックは、バイトの医師が採用されることの多い分野となっています。
企業健診や学校健診のバイトであれば単発のスポットで入ることが多く、問診と聴打診が中心となるので未経験でも採用される可能性が高いバイトです。

 

若手の医師でまだ経験値がそれほど多くはないということであれば、企業健診や学校健診のバイトは狙い目と言えます。
病院での健診であれば、問診や聴打診に加えて、読影と心電図のスキルが必要となることも多くなります。
健診のシーズンは春と秋になるので、1〜2ヶ月前くらいからバイトの求人をチェックしてみましょう。

 

≫健診のバイトの詳細解説ページへ

 

 

 

年々求人が増加している訪問診療

近年は在宅医療へのシフトが医療業界の一つのテーマとなっていますが、それに伴い訪問診療を行う病院やクリニックも増加しています。
訪問診療を行う医療機関がアルバイト医師の採用に本腰を入れるのは、春の新体制が決まる少し前の1月〜3月になります。

 

特に2月は医師のバイト求人が増加する時期ですが、中でも訪問診療のバイトは急増する月となっています。
これからの医療業界へのニーズを見据えて、バイトを活かして訪問診療を経験してみるのも良いでしょう。

 

≫訪問診療のバイトの詳細解説ページへ

 

 

 

医師のバイトを探す前に知っておきたい注意点

バイトで外科医が症例数を増やすのは困難!?

 

外科医の手術の様子

 

バイトを探している医師の中には、症例数を増やすことを目的としている医師も数多くいます。
もちろん科目によっては症例数を増やすのにバイトは有効で、場合によっては新たな分野を広げることもできます。

 

しかし外科医に関しては、患者の担当医をすることと、他の医師やコメディカルとのチームワークを必要とすることから、バイト医師が執刀するケースは少なくなっています。

 

術後管理の観点から言っても、非常勤の医師が執刀を任されることは少ないので、バイトで症例数を増やすことができる医療機関は稀です。

 

ただし、執刀はできなくとも助手としてオペに立ち会えるケースは少なくはないので、その分野の専門医の手技を間近で見てみるのは良い経験です。

 

オペの執刀ができるバイトの例外として考えられるのは、眼科や美容外科、美容皮膚科などです。

 

白内障や緑内障の手術を非常勤の医師が執刀するというのは珍しいことではなく、美容外科においてもアルバイトの医師が執刀に関わることは少なくありません。

 

症例数を増やすことがアルバイトの最大の目的であれば、人材紹介のエージェントにその旨をしっかりと伝えておきましょう。

 

 

 

医師のバイトは確定申告が必要?

 

確定申告

 

常勤と非常勤を掛け持ちしている医師なら、常勤先にある程度は任せることができますが、非常勤のアルバイトだけで生活している医師はフリーランスのような扱いになります。

 

つまりは医師の個人事業主ということになり、健康保険や年金を個人で支払わなければならない可能性がありますし、確定申告も自分で行うことになります。

 

もちろん各種手当や保険も付いていないので、必要であれば個人で加入することになります。

 

ただし、一つの医療機関のみでのアルバイトなら、確定申告が必要ないケースもあります。

 

バイトの医師が確定申告が必要かどうかは、バイトの条件や収入によっても変わってきます。

 

医局や知人からの紹介のバイトとなると、完全に個人でこれらの手続きを行うことになりますが、人材紹介サービスを通してバイトを見つけた場合であれば、エージェントに手伝いをお願いできます。

 

確定申告や健康保険料など、分からないことがあれば専属のコンサルタントに問い合わせてみましょう。

 

 

 

バイト契約を切られるリスク

医師のバイトをしている人の中には、バイトだけで生活しているフリーランスの医師も存在します。

 

しかし、医師のバイトは基本的に期間契約のような雇用形態となり、施設側で常勤医師が見つかった場合には契約を打ち切られるリスクもあります。

 

常勤の医師として働きながら、バイトを掛け持ちするのであればそれほど大きな問題ではないでしょう。

 

しかしバイトだけでフリーランスのような働き方をするのであれば、契約打ち切りとなり、次のバイトが見つかるまで一時的に収入が途絶える可能性も考えておきましょう。

 

 

 

医師のバイトのメリット

スキルアップ、スキル維持

バイトをしている医師の中には、研究日や土日休みを利用して、他の医療機関での症例増や周辺知識の習得を目的としている医師もいます。

 

医療機関や科目によっては非常勤の医師が執刀することもあるので、医師のバイトを上手に活用してスキルアップを目指すのも一つです。

 

施設が違うと、同じ症例であっても、全く異なるアプローチをすることもあります。

 

色々な病院でのバイト経験を積むことで、医師としてのキャリアアップを図ることができます。

 

内視鏡検査や読影などのスキルアップを目指してバイトする医師も多く、専門医の取得や維持に役立てています。

 

常勤先では医師が多いために満足な症例を積めていないということなら、バイトを上手く役立ててみるのも一つです。

 

内視鏡専門や読影のみといったようなバイトは、求人以上に応募が多い案件となるので、希望に合うバイトがあれば出来るだけ早めに応募することをおすすめします。

 

バイトを利用してスキルアップを目指すのであれば、患者を優先的に回してもらうなど、事前に希望を伝えておくことが大切です。

 

自身では交渉が難しい内容になるので、人材紹介のエージェントにその旨を伝えて、条件に合うバイトを探してもらうようにしましょう。

 

また、常勤先とは異なる分野でバイトをすることで、専門分野をさらに広げるという働き方も可能です。

 

将来的にクリニックの開業を考えているなら、幅広い知識が求められることが多いので、バイトを活かして異なる分野の知識を習得するのも一つです。

 

 

 

転職準備と医療機関の下見

バイトを希望する医師の中には、転職の際の参考にすることを目的としている医師もいます。
転職は大きな決断ですから、誰しもが失敗はしたくないものです。

 

バイト医師として実際に働いてみることで、求人情報や評判だけでは分からなかった病院内部のことがよく分かり、自身にとって最良の転職ができます。

 

とりあえずバイト医師や非常勤医師として働いてみて、後々は常勤の医師として採用してもらうこともできます。

 

常勤医師になる前の下見がバイトの目的であれば、転職エージェントにその旨を伝えた上でバイト求人を探してもらうようにしましょう。

 

 

 

医師と子育てとの両立

医師のバイト求人の中には、週1回から勤務できるバイトや、午前か午後のみの勤務というバイトもたくさんあります。

 

子育てに忙しい女性医師であっても、勤務日数や時間の融通が効きやすいのがバイトの強みです。

 

子育てと両立しながら効率良く稼ぐことができるのが、非常勤の医師のアルバイトです。

 

また、子育てがある程度ひと段落して、臨床に復帰したいけれど、いきなり常勤で働くのは不安に感じる先生もおられます。

 

そのような場合でも、とりあえず週に1回からバイトを始めてみて、臨床に慣れてきたら常勤に切り替えるという働き方もできます。

 

病院によっては託児所が併設されているような病院もあるので、そのような病院を中心にバイトを探すなら人材紹介のエージェントに相談すると良いでしょう。

 

 

 

収入アップ

医師のバイトは時給にして1万円ほどが相場となっていて、日給にすると5万円〜20万円ほど稼ぐことができます。

 

常勤の医師を続けながらバイトを掛け持ちしている医師も多く、掛け持ちしている医師の多くは稼ぐことを目的としています。

 

単発のバイトに当たるスポット求人であれば、1日でお小遣い稼ぎをすることも可能です。

 

人材紹介サービスに登録を済ませておくと、事前に勤務可能と伝えておいた日のスポット求人がメールで届きます。

 

勤務可能日をまるばつで選択するだけの簡単なシステムを導入している人材紹介サービスもあり、勤務したいスポット求人に返信するだけで応募できます。

 

ある程度の専門スキルや経験がある医師であれば、スポットのバイトでも高い収入を望むことができます。

 

定期非常勤の医師となると、常勤から非常勤のみの働き方に変えて、収入を大きく増やした医師もいます。

 

常勤よりも非常勤の医師の方が報酬が高く設定されている医療機関が多いので、非常勤のみの働き方に変えて、年収を大きく増やす医師はたくさんいます。

 

勤務日数や勤務時間の調整がしやすく、お盆や年末年始に長期休暇が取りやすいのも、アルバイトや非常勤の人気の理由となっています。

 

 

 

開業資金の調達と経営の勉強

バイトをしている医師の中には、近い将来にクリニックを開業することを目的としている医師もいます。

 

週1回のバイトでも1年続ければそれなりにまとまったお金がつくれますし、開業支援や教育も行なっているクリニックでバイトをすれば、経営のノウハウも学ぶことができます。

 

クリニックの経営は医師の仕事とは全く別物なので、診療報酬や人材の育成についても学んでおきたいところです。

 

開業医になると様々な患者を診ることになりますから、専門以外の診療科にスポットで入り、幅広い知識を習得するのも大切なことです。

 

専門以外の総合的な内科の経験を積んでおくと良いでしょう。

 

また、開業を考えているエリアでバイトを経験することで、ネットワークの構築にも期待できます。

 

救急時の搬送先など、連携する医療機関を開拓しておくことは非常に重要です。

 

開業予定の地域で当直や救急のバイトを経験しておけば、医療機関や医師同士のネットワークを築くきっかけにもなります。

 

 

 

新たな人脈づくり

医師のバイトをするメリットとして、人脈が広がるということも考えられます。

 

バイト先の医療機関で評価されて、バイトから常勤に誘われるケースも多々あります。

 

近いうちに引っ越しを検討しているなら、今のうちから引っ越し先の医療機関でバイトをしながら、現地の医師との人脈を作っておくのも良いでしょう。

 

 

 

病院以外での勤務を経験できる

医師バイトの求人の中には、少し変わった環境で勤務するものもあります。

 

例えば沖縄の離島にある診療所での勤務であったり、豪華客船の船医のバイト求人が出ることもあります。

 

最近では、音楽フェスのような夏の野外イベントで、熱中症患者などに対応する医師のバイトもあります。

 

通常の常勤医師では経験できないようなことも、医師のバイトであればできてしまうのもメリットの一つです。

 

ページの先頭へ戻る