医師のバイトの時給相場はどの程度?

調査機関のアンケート結果によると、バイトをしている医師の目的の第1位は年収アップとなっています。

 

医師のバイトの時給や日給はどのくらいなのか、バイトを選ぶ前に相場を知っておくことが大切です。

 

医師のバイトの時給相場は、実際の業務内容や診療科目、また地域によっても変わってきますが、8,000円〜15,000円が時給の相場と言えます。

 

しかし実際のバイト求人では、時給ではなく日給で提示されていることがほとんどです。

 

以下は、求人が出ることの多い医師のバイトの日給の相場になります。

 

 

主な医師のバイトの日給
業務内容・科目 日給
一般外来 4万円〜10万円
健康診断・人間ドック 4万円〜10万円
予防接種 4万円〜8万円
内視鏡検査 7万円〜9万円
麻酔科医 10万円〜20万円
訪問診療 8万円〜10万円
当直(朝まで) 4万円〜10万円
日当直 10万円〜40万円
透析 8万円〜10万円
献血 4万円〜7万円


日給で見るとかなり幅のある金額になりますが、どの業務内容にしても、半日勤務なのか一日勤務なのかによって給料は大きく変わります。

 

時給あたりに換算して考えると、外来や病棟管理、健診など募集の多い医師のバイトは、平均して1万円前後となっています。

 

当直のバイトは医師から人気のあるバイトですが、一回の当直で4万円から10万円程度の給料が相場となっています。

 

救急対応のある当直バイトなら日給10万円の求人もたくさんありますし、患者や救急車の数によってインセンティブが付くこともあります。

 

反対に、待機しているだけのような寝当直になると、1回の勤務で4万円〜5万円ほどが日給の相場となります。

 

しかし、救急対応のない寝当直と言えど、急性期病院であれば急変対応で忙しい可能性もありますし、その場合は寝当直の相場よりも日給が高くなる可能性もあります。

 

条件や業務内容によって日給が大きく異なるのが、当直のバイトの特徴と言えます。

 

時給や日給が高いだけで求人を選ぶのではなく、実際の業務内容をしっかりと確認して選びたいバイトです。

 

少ない日数で大きく稼げるのはやはり日当直のバイトで、産婦人科で2泊の日当直であれば報酬が40万円という求人もあります。

 

日当直は体力的にかなりきついバイトになりますが、勤務先や診療科によっては夜はしっかりと休めることもあります。

 

麻酔科や内視鏡検査は医師から人気の高いバイトで、専門的な分野のバイトになります。

 

経験やスキルによって時給や日給は大きく変わり、条件も求人によって様々です。

 

また、将来的な在宅医療へのニーズを見据えて、訪問診療に力を入れている医療機関は増えています。

 

これから需要が伸びていく分野だけあって、訪問診療のバイトの時給や日給は高い傾向にあります。

 

特に個人宅への訪問診療は給料が高い傾向にあり、施設訪問よりも時給や日給の相場は高くなります。

 

経験者の方が優遇されるのは間違いありませんが、未経験でも採用されやすい分野となっています。

 

 

 

バイトの時給が高いのはどの科目?

バイトの時給が高く設定されている診療科目は、「専門医が少ない」あるいは「診療報酬が高い」診療科目です。

 

バイトの時給が高い科目

外科・整形外科・麻酔科・産婦人科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・精神科・小児科・美容皮膚科

 

バイトの時給・日給が最も高いと言われているのは麻酔科医です。

 

心臓外科手術などで高等な麻酔をかけられる医師であれば、バイトだけで年収2,000万円を超える医師もいるほどです。

 

産婦人科は医師不足が大きな問題となっていることもあり、時給が高く稼げる科目となっています。

 

特に帝王切開ができる医師は重宝されるので、時給や日給の交渉もしやすいでしょう。

 

美容皮膚科は未経験の医師でも採用している医療機関があるので、女性医師から人気の高いバイトとなっています。

 

 

 

医師のバイトの時給相場は都道府県によって違う!

医師のバイトの時給相場は、地域によっても多少の差があります。

 

普通のアルバイトであれば東京や大阪のような都市部が時給が高い傾向にありますが、医師のバイトに関しては逆になります。

 

東京都内や横浜市内は医師からの人気が高く、バイト希望者も集まりやすくなっています。

 

そのため、医師のバイトの時給や日給が高くなるのは、都市部よりも医師不足が顕著な地方になります。

 

都道府県別に医師のバイトの時給相場を見てみると、以下の都道府県が時給や日給が高くなっています。

 

バイトの時給が高い都道府県

北海道・宮城県・栃木県・群馬県・千葉県・埼玉県・長野県・静岡県・三重県

 

東日本の時給相場と比較して、西日本の時給相場は全体的に安い傾向にあります。

 

大阪や京都、兵庫県の平均時給は、全国平均の1万円よりもやや安い9,500円程度となっています。

 

中国・四国エリアや九州はさらに時給相場が安く、平均して時給9,000円弱が相場となります。

ページの先頭へ戻る