訪問診療の医師バイトの内容について

訪問診療とは、高齢などを理由に通院が困難な在宅医療中の患者を、定期的に訪問して診療を行うことです。

 

往診は不定期に要請のある患者の元へ赴きますが、訪問診療では定期的に患者を訪ねて健康チェックや処置を行います。

 

訪問診療は在宅医療として今後ますます推進されていく分野で、それに伴い医師のバイト求人も増加する傾向にあります。

 

訪問診療を行う医療機関には様々なタイプがあり、訪問診療のみを行う専門施設もあれば、内勤と訪問診療の両方を行う医療機関もあります。

 

また、訪問先も医療機関によって様々で、個人宅を中心に訪問する医療機関もあれば、老人ホームや老健施設などの入居者を中心に訪問する医療機関もあります。

 

個人宅を中心に回る訪問診療であれば、移動が多くなる反面、患者との距離感が近い地域医療に貢献することができます。

 

反対に施設を中心に回る訪問診療は、移動が少なく効率的に患者を診ることができますが、患者と近い距離感でコミュニケーションを取りたい医師にはイメージが違って感じるかもしれません。

 

訪問診療のバイトとは言っても、訪問先や雇用元の医療機関によって、実際の勤務内容は大きく異なります。

 

しかしどの訪問診療のバイトであっても、大まかな業務内容としては一般内科の外来に近いものがあります。

 

一般内科の知識に加えて、胃ろうやバルーン、カニューレなどの交換ができれば優遇される可能性があります。

 

多くの医療機関では、医師と看護師とドライバーの3名で動くことになります。

 

中には医師がドライバーを兼ねる訪問診療のバイトもあるので、詳細はバイトに応募する前に必ず確認しましょう。

 

 

 

訪問診療の医師バイトのメリット

訪問診療の医師バイトは高時給

訪問診療のバイトには、比較的時給が高い求人が多くなっています。

 

訪問診療は診療報酬面でも優遇されていて、常勤医師の給料も高い傾向にあります。

 

日勤のバイトで終日働いた場合であれば、8万円〜10万円程度が日給の相場となっています。

 

待遇の良いバイトが多いということで、近年医師からの人気がバイトにもなっています。

 

 

 

未経験OKの求人が多い

医師がバイトをするにあたっては、基本的には自分の専門科目でバイトをすることが多くなるかと思います。

 

しかし訪問診療のバイトに関しては、専門科目を問わない求人が大半で、訪問診療が未経験の医師であっても採用されやすくなっています。

 

内科系や外科系はもちろんのこと、皮膚科や耳鼻科の医師を対象としたバイト求人もあります。

 

入職後はOJTによる研修を設けていることが一般的で、実際に訪問診療に帯同しながら必要なスキルや知識を身につけていきます。

 

入職する医療機関の患者層によって必要なスキルや知識は変わってきますが、在宅でできる範囲の医療になるので、高度なスキルを必要としないことがほとんどです。

 

実際に訪問診療のバイトをしている医師の多くは、未経験からバイトを始めています。

 

 

 

訪問診療は将来性の高い医療分野

近年は在宅医療へのシフトが医療業界の大きなテーマとなっていますが、それに伴い訪問診療を行う医療機関もますます増加しています。

 

在宅医療は将来的に医療の中核として重要な役割を果たすと考えられ、医師のキャリアにおいても1つの大きな選択肢になりつつあります。

 

今後クリニックの開業をお考えの先生にとっても、訪問診療の必要性は大きなものになりつつあります。

 

常勤先では専門の分野の経験を積み上げながら、非常勤のバイトとして訪問診療のスキルを身につけることは、医師のキャリア的にも非常に有意義なものと言えます。

 

 

 

週1勤務からOKのバイト求人も多数

訪問診療のバイトは、勤務日数の融通が利きやすいところが多くなっています。

 

訪問診療を行っている医療機関には、複数の非常勤医師やバイト医師がシフトを回しているところも多くあります。

 

他の医師とのシフトのバランスで、週に1回からでも勤務できる医療機関もたくさんあります。

 

少ない日数からでもバイトを始められるので、空いた時間を有効に使えるのがメリットです。

 

 

 

訪問診療は若手医師も採用されやすい

訪問診療は未経験でも応募可能なバイト求人が豊富にありますが、若手医師を積極的に採用したいという医療機関も非常にたくさんあります。

 

未経験の医師には有給の研修期間を設けて、先輩医師に帯同させる医療施設もあり、OJTで訪問診療を学ぶことができます。

 

これからの医療を担う若手医師にこそ、ぜひバイトで経験を積んでもらいたいのが訪問診療です。

 

 

 

訪問診療の医師バイトのデメリット

訪問先への移動の負担

訪問診療は診察に加えて細かい移動が伴うので、体力のいる仕事とも言えます。

 

診療所から16km圏内にある患家や施設しか訪問することができないので、長距離の移動はありませんが、交通量の多い都市部になるとそれなりに移動時間はかかります。

 

基本的には運転手付きの車で移動することになりますが、医療機関によっては医師が自分で運転して訪問先へ移動することもあります。

 

1日運転しながらの診療となると、それなりに体力が必要になることも考慮しておきたいところです。

 

 

 

オンコール対応の有無は要確認

訪問診療のバイトをするにあたり必ず確認しておきたい事項は、オンコールをどの程度バイトの医師が負担するのかということでしょう。

 

訪問診療は24時間365日の対応となりますので、基本的にどの診療所であってもオンコール対応があると考えておきましょう。

 

オンコール対応は最初は看護師というところもあれば、原則として主治医が対応しているところもありますし、非常勤医師の担当としている医療機関もあります。

 

医療機関によってそれぞれルールが設けられているので、訪問診療のバイトに応募する際には、必ずオンコールについて確認しておきたいところです。

 

 

 

スポットや単発のバイトは少ない

訪問診療のバイトはその特性上からして、スポットや単発でのバイト求人というのは比較的少ない傾向にあります。

 

定期的に個人宅や有料老人介護施設を訪問することから、定期非常勤のバイト求人が多くなります。

 

また、移動を要することから短時間でのバイト求人も少なく、終日勤務でのバイト求人が多くなります。

 

スポットや単発のバイトをお探しであれば、訪問診療よりも健診や人間ドックのバイトの方が見つかりやすいでしょう。

 

 

 

患者とのコミュニケーションが重視される

訪問診療は患者との距離感が非常に近いため、ある程度のコミュニケーション能力が問われます。

 

患者本人とのコミュニケーションはもちろんのこと、自宅に上がっての診療となるので、患者の家族とのコミュニケーションも必要になります。

 

積極的なコミュニケーションがあまり得意でない医師であれば、個人宅を回る訪問診療よりも、施設を回る訪問診療のバイトの方がおすすめです。

 

施設の訪問診療であれば大半の患者が独居で、患者との間には施設のスタッフが入ることになるので、ある程度効率的に仕事をこなすことができます。

 

訪問診療のバイトをするのであれば、実際の勤務内容や患者層についてや、医療機関側がどのような医師を求めているのかなど、事前にバイト紹介会社のエージェントに調査してもらうようにしましょう。

 

医師のバイト紹介サービス一覧と各社の特徴

 

ページの先頭へ戻る